在宅ケア

在宅ケア

ひと息の村とは

 病院からいきなり自宅にかえるのはつらいから、その前にちょっとひと息。
在宅での介護に疲れたご家族が、ちょっとひと息つきたいとき、在宅ホスピスでは無理になってしまったけれど、
入院はしたくない。
これまで慣れ親しんできた在宅スタッフに、引き続きケアをしてほしい。
あなたのそんな思いをかなえてくれるホテル感覚の在宅ホスピス支援ハウスです。 

※ご注意
「ひと息の村」は完全看護の医療施設や介護保険施設ではありませんので、 
医療、介護のサービスは提供しておりません。
医療・介護サービスをご希望の方は、 各医療機関や介護事業所との契約になります。

在宅ホスピスだからこそできること

在宅では、家族と連携しながら訪問看護師やヘルパーが1日1時間以上ゆっくり話を聴いてケアを行うことで、入院以上のケアを提供することが可能です。
さらに、家族の方が近くにいるということで心の安定も得ることができます。
在宅医療・在宅ケアは、専門病院や診療所と連携し、緊急の対応を行い、うまく機能していけば、入院医療より質の高い看護や医療を提供できると考えています。 

(矢津クリニック院長  矢津 剛) 

在宅ホスピス緩和ケアとは?
在宅サービス紹介
ボランティアのお誘い
10日会